ホーム>ラジオ・メディア出演

ラジオ・メディア出演

Dreamia Clubサイトにてご紹介いただきました

202274151247.jpg

キッチンメーカーである「クリナップ株式会社」が運営する食・住文化の情報発信をするWEBサイト「DreamiaClub(ドリーミアクラブ)」にて、チーズと花としつらいを融合させたお教室として、4回にわたりご紹介いただいております。

 

「暮らし・美」のコーナー

第一回はこちら>>

第二回はこちら>>

第三回はこちら>>

第四回はこちら>>

「柏や栗の葉で包まれたチーズ」としつらい

みなさま こんにちは。心待ちにしていた春の訪れ。
 
陽差しがあたたかくうれしい季節です。
 
木々の枝や葉を隙間を陽の光が漏れるように地上へ射し込む。木洩れ日。
 
なんて素敵な響きでしょう。ほかの言語に翻訳できない、美しい日本語の一つですね。
 
2022423113448.png
 
 
 
前回は、さくらの季節にお勧めのチーズをご紹介しました。
 
北海道産のチーズ「さくら」と、イタリア産の「La Rosso」でした。
 
「La Rosso」は山羊のミルクから作られているチーズでしたね。
 
山羊乳チーズは、とくに「春から夏が旬」と言われます。
 
なぜなら山羊の出産シーズンは毎年2月頃なのです。
 
早春に出産を終えた母山羊たちが、みずみずしい青草やハーブを食べて、美味しいミルクを出してくれる季節。
 
チーズも風味豊かに仕上がります。
 

シェーブルチーズ

旬のシェーブル。様々な山羊乳製チーズたち

 

 

フランスでは シェーヴルに始まりシェーヴルに終わる といわれます。シェーブルとは、フランス語で山羊乳製のチーズのことです。 
赤ちゃんには離乳食として(母乳の成分に近いとか)、お年寄りには効率的な栄養補給源として楽しまれています。
 
搾乳量は1日あたり1頭で最大2.5L、牛の1/10以下なので、シェーヴルの生産量はとても少なく、牛乳製のチーズに比べて希少です。
 
春から初夏にかけてシェーヴルがたくさん出回るので、フランス人は市場でシェーヴルを見ると、「春だなぁ~」と感じるそうです。
 
私たちが、フキノトウや筍を見つけたときの感覚と、同じようなものでしょうか
 
シェーブルチーズは、復活祭(イースター 2022年は4月17日)の頃から万聖節(ハロウィーン11月1日)までが、美味しい季節と言われています。
 
今日は、旬の山羊のミルクで造られた、日本のチーズ「みらさかシェーヴル」と、イタリアのチーズ「ロビオラ・ディ・カプラ」をご紹介します。
 
みらさかシェーヴルは、柏の葉で包まれた、柏餅のようなイメージのシェーブルチーズです。
ロビオラ・ディ・カプラは、栗の葉で包まれており、カプラはイタリア語で「山羊」を意味します。
 
「みらさかシェーブル」(右)と「ロビオラ・ディ・カプラ」(左)
右が「みらさかシェーブル」。左が「ロビオラ・ディ・カプラ」
 
 
 
202242311411.JPEG 2022423114023.JPEG
シェーブルチーズのしつらい
チーズのしつらい
 
旬のチーズで和のしつらい
 
 
 
 
 
もうすぐ五月。端午の節句です。ちまきや柏餅をいただきますね。
この時期、柏の葉や栗の葉、粽、菖蒲など、縁起物や邪気を払うものが好まれますね。
 
幼かった頃、布団の下に菖蒲をしいたり、お風呂に菖蒲と蓬(よもぎ)を浮かべて楽しんだ思い出があります。
いずれも身体に悪い気がつくのを防ぐと信じられています。
 
古くから邪気祓いの力があるとされていた菖蒲と薬草の蓬(よもぎ)を軒に挿すことで、
厄災を祓って穢れを浄化できるとも考えられていたのです。
 
 
2022423113831.png
 
さて
毎月、月末に「旬のチーズと季節のしつらい」を学ぶレッスンを行っています。
美味しく、美しく、チーズをアレンジし、食を通じて、北陸・金沢の暮らしのしつらい、テーブルコーディネートを実践しています。
 
また、
5月24日から6月5日まで、広坂の石川国際交流サロンで「季にあひたる しつらい作品展」を開催します。テーマは「和む」。
日本を表現する「和」には「なごやかなこと」「おだやかなこと」「仲よくすること」の意味があります。
 
しかし
連日のCOVID-19 crisisやロシアのウクライナ軍事侵攻のニュースの「和む」からは ほど遠い映像に 心が痛みます。
世界中の人々が望む「平和」や「調和」の実現を祈り、心をこめて しつらいます。
 
 
 
202242310043.pngのサムネイル画像
 
 
 
 
 
6月25日(土)14時~から、チーズを楽しみながら学ぶ「チーズ寺子屋in金澤」セミナー(チーズプロフェッショナル協会北陸幹事主催)を「ITビジネスプラザ武蔵」で開催します。

申込サイトはこちら>> よりお申込みくださいませ。

 

202242311293.png

 

【アーカイブ】
 

「さくら」のチーズとしつらい

みなさま こんにちは。

北陸・金沢。殊の外、寒い冬をじっと耐えて、春の訪れを待ちました。ようやく桜の開花のニュースです。

 

日本各地の桜の開花予想日を結んだ「桜前線」は、桜の国、日本の特有の言葉ですね。

金沢は3月末に開花とか。満開は4月5日の予報です。「桜鯛、桜マス、桜餅」など、桜の美しい色が名前になりました。

 

これまでチーズと、季節のお話をさせていただきました。

 

放送後のWEBサイトでは、ご紹介したチーズと季節のしつらいを掲載してまいりました。

季節のしつらいとチーズを組み合わせているのには、理由があります。

 

「チーズには旬がある」のです。

 

季(とき)にあひたる行事と、その旬のチーズを楽しみましょう。

 

まさに今が「旬」のチーズをご紹介します。

北海道は共働学舎のチーズ『さくら』と、イタリアはピエモンテのチーズ『ラ ロッサ』です。

2022326114520.JPG

 

北海道日高山脈の裾野に広がる十勝平野、新得町(しんとくちょう)にある、「共働学舎(きょうどうがくしゃ)新得(しんとく)農場(のうじょう)」で造られる「さくら」は、桜の花の塩漬けをあしらった、白くてとても可愛い、牛乳製のチーズです。

約2週間の熟成で、クセもなくほんのりと桜の風味が香るさっぱりしたチーズが生まれます。日本茶や抹茶と合わせて楽しめます。

また、お花見のシーンを素敵に演出してくれます。ヨーロッパのチーズコンクールで何度も賞に輝いた、評価の高いチーズです

 

もう一つ、イタリア、ピエモンテでつくられる山羊乳のチーズ「ラ ロッサ」をご紹介します。

こちらは、桜の葉に包まれています。味わいに少し塩味を感じます。チーズ版桜餅、といった感じでしょうか。

このチーズの誕生には、西伊豆産(にしいずさん)オオシマザクラの葉の塩漬けが関わっています。

日本のチーズ専門店「フェルミエ」と、イタリアのコーラ社との共同開発で、試行錯誤の末、誕生しました。

初めの頃は、西伊豆産オオシマザクラの葉の塩漬けをイタリアに送って作っていました。次第にヨーロッパでの人気が高まり、生産量が増え、現在は、ピエモンテ産の桜の葉で包んでいるそうです。

ロゼ等のワインはもちろん、日本酒にもぴったりな風味。赤いリボンで包まれた姿も素敵です。

 

山羊乳チーズは春が旬と言われます。なぜなら山羊の出産シーズンは毎年2月頃なのです。

山羊乳チーズは、「シェーブルタイプ」と分類されます。「シェーブル」とはフランス語で山羊を意味します。

 

シェーブルチーズは、復活祭(イースター 2022年は4月17日)の頃から万聖節(11月1日)までが美味しい季節と言われています。

 

桜の時期とチーズの旬がぴったり合うだけでなく、味わいの相性もばっちりです

2022326114233.JPG

 

2022326114741.JPG 2022326114819.JPG

 

instagramリールでイメージ動画をご覧いただけます>>

 

さて、

5月24日から6月5日まで、広坂の石川国際交流サロンで「季にあひたる しつらい作品展」を開催します。

大正末期に建てられた日本家屋に、和と洋のしつらいをし、皆さまをお迎えします。

ぜひお出かけください。

 

6月には、チーズを楽しみながら学ぶ「チーズ寺子屋in金澤」セミナー(チーズプロフェッショナル協会北陸幹事主催)を「ITビジネスプラザ武蔵」で開催します。
6月25日(土)14時~の予定です。申込サイトは準備出来次第ご案内します。

お問い合わせくださいませ。

 

2020年12月4日デリッシュキッチンオンラインライブで2WAYチーズプラトーをご紹介

素敵なフリーアナウンサーの望月理恵さんを司会にお迎えして、デリッシュキッチン ライブ配信が12月4日に行われました。
「クリスマス・お正月 2way チーズプラトー」をテーマに、チーズプロフェッショナル協会理事事務総長の桝田さんと、国産ナチュラルチーズをご紹介させて頂きました。
はじめてのことで、ドキドキでしたが、よろしければご覧いただけましたら幸いです。
 
こちらから録画をご覧いただけます。
 
Facebookはこちらから
 
20201212201148.jpg

テーブルコーディネートコンテスト2019ベスト・オブ・コーディネート賞について新聞に掲載いただきました

2019年10月に開催された「テーブルコーディネートコンテスト2019」(ブルーミング中西 テーブル・レシピ主催)にて、ベスト・オブ・コーディネート賞を受賞しました。北國新聞社様と中日新聞社様に取材を頂き、ニュースとして掲載いただきました。

2019102513446.png
北國新聞 2019年10月22日 朝刊)

 

201910251343.png
北國新聞 2019年10月25日 朝刊)

 

2019102513610.png
(中日新聞 2019年10月25日 朝刊)

 

これからも精進してまいりたく存じます。

 

報知新聞 女性のための版に「食卓華やかチーズプラトー」掲載

{D5DA87F7-53F8-45E1-8B82-2C1919A4CF08:01}

報知新聞の女性のための版に掲載していただきました。

日々の暮らしにチーズを。食卓に花とチーズプラトーを♪
気軽に一工夫、心美しくおもてなし。

BS朝日-美活三姉妹「チーズで健康美肌」に出演

BS朝日-美活三姉妹の番組が「チーズで健康美肌」というテーマを取り上げます。

前半:8月19日夜10時54分~11時15分
後半:8月26日夜10時45分~11時15分

番組の中で、チーズプロフェッショナルとして、「チーズと美肌」に関する解説をしています。

緊張しましたが、初仕事です。。。

日本ソムリエ協会発行「ワイン女子101人のおうち飲みワイン202本と最強つまみ202品」

日本ソムリエ協会の女子会員101人が、おうち飲みワイン202本とそれに合う最強つまみを紹介した本を発行しました。

201381511439.jpg

 

ソムリエ、ワインアドバイザー、ワインエキスパートなどの資格をもつ全国の女子たち101人が、「おうち飲み」を前提に、1000円~2500円位までのワインを選び、さらにそれに合うつまみを、自ら料理、撮影し、レシピを紹介しています。

 

おつまみは、冷蔵庫にある食材と、おうちにある調味料で、20分以内でささっとできる簡単なものばかり。


ワインを飲みながらつまみを作るのもよし。つまみを決めてからワインを選ぶもよし。

 

いろいろな使い勝手が楽しめる、オールカラーの本です。
ワインビジネスに携わるプロフェッショナルたちのおうち飲みワインと、さらに、ワインのエキスパートたちやワインファンがどんなワインを好む傾向にあるか一挙に公開しています。

 

<内容>
・名前の50音順に1人2ページ、顔写真・プロフィール入りで紹介しています。
・1人2本のワインを紹介し、それぞれのおすすめポイント、そしてそれに合うつまみの写真(女子たち自ら撮影したもの)、つまみの材料と作り方、ワインに合わせるポイントを紹介しています。
・巻末には、202本のワインの造り手別、タイプ別(赤・白・ロゼ・スパークリングワイン・その他)、生産国別のINDEXがあり、そこからワインを検索できます。

 

販売価格(税・送料込):1,417 円
販売元:一般社団法人 日本ソムリエ協会
 

(販売サイト:http://book.sommelier.jp/ より参照・抜粋)

この季節に似合うお酒 ワインボトルのお話(第8回目)/10年5月2日放送

☆この季節に似合うお酒 ワインボトルのお話(第8回目)/10年5月2日放送
http://cafe135.exblog.jp/14311805

この季節に似合うお酒 バレンタインデー(第7回目)/10年2月14日放送

☆この季節に似合うお酒 バレンタインデー(第7回目)/10年2月14日放送
http://cafe135.exblog.jp/13791998

PAGETOP